生理不順は更年期症状に似たむくみを引き起こすことも

私は30代になった頃から急なめまいやのぼせ、生理不順、イライラ、頭痛やむくみなどがありました。ひどい時は歩いている時に急にサーと血が引いていくような感覚に落ち、目の前が真っ暗になり立っているのがやっとでした。

 

ちょうどそのときは多忙だったこともあり、そのせいかなと思っていました。しかし、ゆっくり過ごす時間を作ることができるようになってもその症状は改善せずたまたまドラッグストアで目に入ったサプリを試してみることにしました。

 

そのサプリは更年期症状にいいと以前友人が言っていたのを思いだし迷いもなく購入にいたりました。自分が更年期にはいるにはまだ早いのではないかと思う気持ちもありましたが、早くになる人も中にはいるということを知っていたため現在の症状が改善できるなら早く改善したいという気持ちが強かったです。

 

飲み始めて2週間ほどはなんの変化もなかったですが2週間目以降から気づいたら立ちくらみがなくなっていることに気づきました。顔がカー熱くなることもなくなりました。イライラや頭痛は依然あるものの飲み続けていれば安心感はあります。またこのサプリを飲み始めて足のむくみがきにならなくなったことが大変嬉しかったです。

 

生理不順でむくんでしまったら、頭を刺激!

なんとも表現しがたいモヤモヤ感と不快感。

 

「具合が悪いのか」と聞かれれば、「Yes」ではない微妙な症状。

 

生理不順は、なった人にしかわからない症状でいっぱいです。

 

 

 

そんな時に私が積極的に行っているのは、首から上部分に対する刺激です。

 

何という道具を使うのではなく、自分の手・指を使うのがポイント。

 

「手当て」という感覚です。

 

 

 

左右の親指と人差し指で耳のそこかしこを摘まんで刺激。

 

ちょっと、ボーッとしてしまった時に効果的です。

 

 

 

頭のてっぺんから耳まで、指先でグリグリ押し続けていると偏頭痛が遠のきます。

 

上から下へ、下から上へと繰り返し行うと効果的。

 

 

 

おでこの上辺りを刺激すると、視界がすっきりとしてきます。

 

 

 

こめかみから首筋までを軽くマッサージすると、貧血気味の時でも顔色が良くなります。

 

 

 

うなじを毎日定期的にマッサージすると肩こり知らずになります。

 

力いっぱい行うのではなく、加減をしながら気持ちいい程度で充分。

 

 

 

これらを手持ち無沙汰の時にちょこちょこするのがコツ。

 

基本的に、全てが気持ちの良いを引き出す動作だというところがポイントです。

 

労われば、身体に気持ちが伝わるかのように症状も軽くなるから不思議。

 

続けることこそが、最重要事項です。

生理不順のむくみに有効なサプリとは

生理不順でむくんだ体にも効くむくみ解消サプリがあります。
そもそもなぜ生理不順でむくむかというと、身体の老廃物がうまく流せなくなるからです。
リンパが詰まり、水分過多になることでむくんでしまいます。
そのためには、身体の水分を排出する効果のある成分を積極的に取る必要があります。
それがスイカやトウモロコシに含まれるカリウムです。焼肉へ行ってコーン茶を飲むとやたらトイレに行きたくなりますが、
あれはコーン茶にたくさんかりうむが含まれているからです。
むくみを解消するサプリの主成分はこのカリウムが多くなっています。
むくみサプリといってもたくさん種類がありますから、気になった方はこちらのむくみサプリランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか?